五美 安岡正篤 安岡正篤一日一言より

最終更新日

五美

人を恵んで厭味(いやみ)なく、
労して怨みず、
欲して貪(むさぼ)らず、
泰(ゆた)かで驕らず、
威あって猛からずと。
(論語・堯日)


人は誠にかくありたいものである。

安岡正篤一日一言より

長所を長所のままに。
欲求は否定せず、慎む。

日常生活の安寧が此処に言い尽くされていると思う。

しかし、自己を見失い、
追いかけられる生活をしている人の耳には届かない言葉であろう。

かえって、真逆に生きた方が、
一時的な利益を得ることができると考える人も居るだろう。

果たして、それは人間として美しいのだろうか?

2009-10-23の記事を再掲載

スポンサーリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする